COCKPIT TATEBAYASHI
コクピット館林 群馬県館林市赤生田町2022 TEL:0276-73-5451 E-mail: tatebayashi@cockpit.gr.jp
TOP PAGEへ
コンテンツ
SHOP紹介
イベントカレンダー
イベント報告
デモ・カー
オリジナルパーツ
おすすめパーツ
ユーザーズ・カー
質問コーナー
グループ店紹介
リンク集

» 東京オートサロン 2005/1/14〜1/16

2005年1月に開催された東京オートサロンの模様です。
今年はコクピット館林グループからの出展で8台+1台の展示でした。

東京オートサロン 全体の雰囲気の写真1 東京オートサロン 全体の雰囲気の写真2

[ ECR33スカイライン ]

ECR33スカイラインの外観

ECR33スカイラインのエンジンルーム まずは、ECR33スカイライン館林オリジナルT450SPLキット装着のサーキットスペック
仕様は.....
オリジナルT450SPLタービンキット、オリジナルチタンマフラー、オリジナルステンレスEXマニ、TOMEIカムシャフト、トラスト3層インタークーラー、トラストサージタンク、550ccインジェクター... などでエンジン系をチューン。
オリジナルダンパーキット、リヤメンバースペーサー、ピロテンションロッド、arcスタビライザー、 ピロボールアーム、エンドレス6POTブレーキ、などでフットワーク系をチューン。
もちろんボディー関係もスポット増し&16点ロールゲージで剛性をアップしています。 オリジナルダンパーキット、リヤメンバースペーサー、ピロテンションロッド、arcスタビライザー、ピロボールアーム、エンドレス6POTブレーキ、 などでフットワーク系をチューン。もちろんボディー関係もスポット増し&16点ロールゲージで剛性をアップしています。
ホイールはVOLKRACINGの新作 GT-Vの18インチにBSのRE55Sを装着!なんかけっこういい感じです。
外装はEDGEエアロフルキットで、空力、スタイリング、クーリング効果も向上するエアロです。


[ ER34スカイライン ]

ER34スカイライン(ブルー)の外観

ER34スカイライン(ブルー)のエンジンルーム そしてER34スカイライン
ブルーのER34は、 館林オリジナルT450SPLタービンキット、オリジナルチタンマフラー、オリジナル試作カムシャフト、BLITZ3層インタークーラー トラストサージタンク、550ccインジェクター、などでエンジン系をチューン。
オリジナルダンパーキット、リヤメンバースペーサー、ピロテンションロッド、arcスタビライザー、 GREXアルコンブレーキシステムなどでフットワーク系をチューン。
ボディー関係もロールゲージで剛性をアップ! 外装はのむけんさんでおなじみのURASのエアロキットを装着。 ホイールは プロドライブGC−05C タイヤはRE01Rを装着。

ER34スカイライン(白)の外観

ER34スカイライン(白)のエンジンルーム 白のER34は、
T450SPL STEP1&STEP2でエンジンを武装した、ストリートスペック。 パイピングはワンオフの70Φパイピングで、ちょっと変わった取り回しがかっこいいでしょ?すごく評判良かったんで作っちゃおうか検討中です。
オリジナルダンパーキット、リヤメンバースペーサー、ピロテンションロッド、 エンドレス6POTキャリパーなどでフットワーク系をチューン。ホイールは VOLKRACINGのCE28 タイヤはRE55Sを装着。


[ JZX100チェイサー ]

JZX100チェイサーの外観

JZX100チェイサーのエンジンルーム まだまだ人気のJZX100チェイサー こちらもストリートチューンです。
HKSGT−PROタービン、HKS ステンレスEXマニ、 レーシングサクション インジェクター、トラストインタークーラー を装備、コントロール系はパワーFCで制御。
フットワーク系は、オーリンズの車高調、エンドレス6POTキャリパー、クラッチはエクセディのカーボンツインプレートで、 乗りやすさにも配慮してます。 ホイールは、ボルクレーシング の新製品 GTーAV 8.5j-18&9.5j-18 タイヤは POTENZA RE01R 235/40-18 265/35-18


[ JB1ライフボルトオンターボ ]

JB1ライフボルトオンターボの外観

JB1ライフボルトオンターボのエンジンルーム 続いては、ライフボルトオンターボ
JB1ライフをオリジナルボルトオンターボでチューニング。 NAでアンダーパワーのライフを軽快に走らせます。 制御をe-manage に変更して、燃費、ドライバビリティを向上させた新バージョンです。 オリジナルボルトオンタービンキット、トラスト パワーエクストリームマフラー、 足回りは、WORK EMOTION CR-kaiとBS G3 165/50-15


[ WGNC34ステージア ]

WGNC34ステージアの外観

WGNC34ステージアのホイール お次は気合の入ったWGNC34ステージア
Tfourからの出展です。 館林オリジナルタービンT450SPLタービン・カム・トラストサージタンク・により馬力は450psオーバー! ATはオリジナル強化ATを装着、450PSオーバーを止めるブレーキは、エンドレスキャリパー フロント6POT、 リア4POTを装着、外装エアロはEDGEフルエアロを装着。 ロングツーリングの快適性も考えオーディオは、アルパイン5.1ch&HDDナビゲーションシステムを装備。
オリジナルT450SPLタービン・ トラストインタークーラーKIT、館林オリジナル強化AT、EDGEエアロキット、 タイヤホイールはWORK XSA02C 9.5J-18+20 RE01R 245/40-18


[ アウディA3 ]

アウディA3の外観

アウディA3のホイール 輸入車も得意分野のTfourからアウディA3をドレスアップ&チューニング!  「シンプル+スポーティ+遊び心」をコンセプトに仕上げました。 ポイントは何と言ってもNOSとビックキャリパー!ノーマルエンジンの良さを殺さずに無理なくパワーUPできるNOSは、 アウディにもベストマッチです! エンドレスに特注したフロントレーシング6POT、リア4POTが、オーバーキャパなのはご愛嬌ですが、 ドレスアップ効果は19インチのツライチホイールと合わせてバツグンです。
NOSウェットシングルショット・ワンオフサクション、 ENDLESSキャリパーKIT 6POT(F) 4POT(R)、 WORK W-ITSM921  19×8.5J 112/5 +52、 BS POTENZA GV 225/35-19


[ スポコンオデッセイ2 ]

スポコンオデッセイ2の外観

スポコンオデッセイ2のホイール 次はミニバン部門で優秀賞をいただいた、T2から出展のスポコンオデッセイ2です。 女の子仕様のスポーツワゴン。ピンクと白で統一した、アメリカンワゴンです。以上??(・・?)
おいおい、もっと説明してくれよ〜。春山マネージャー。
HKSボルトオンターボキット ギャルソンマフラー シックスセンス エアロ F、S、R ファブレスRスポ  ボルゾイガルウイング MZMボンネット ワイスピ2 S2000グラフィック スパルコシート スポルティーボ スパルコ ステアリング  内張 総張替 トトロのぬいぐるみに埋め込んだDefi メーター  アルパインオーディオ 5.1chパナソニック 11incモニター Rodek 7incモニター SAAB ミラーモニター  ACC スリムボンバー エンドレス チビ6キャリパー 特注色  SSR D5R  8.5J-19 RE01R 245/35-19 MZMシートカバー  ピンクフィルム  レイライト  ファブレス Rテール  ストリートグローパーツ オリジナルオーディオボード
.....す、すごいね。


と駆け足で紹介しましたが、これで・・・\(`o'") コラーッ
「お、俺のソアラは?」by塚田マネージャー
はい、ちょっとふざけただけです。ρ(⌒◇⌒)ノ


[ JZZ30ソアラ ]

JZZ30ソアラの外観

JZZ30ソアラのエンジンルーム OPTIONの連載で見てくれていたかたも多いでしょう。 ATでもスポーツ走行しちゃいましょ〜〜。というコンセプトでJZZ30ソアラのAT車でサーキットも十分いけるマシンを作りました。 このマシンのコンセプトのATでサーキットを走りましょうという部分で課題になったのはやはりAT。 油温は効率抜群のトラストのATクーラーで対策、オイルはチューニングATにも抜群のパフォーマンスを提供してくれるREDLINE ハイテンプATFを使用。 これでも450psまでパワーアップした1JZにはちょっと不安。 でオリジナルスポーツATチューンを導入!(詳しくはオリジナルパーツのページでどうぞ) これで、走行中のシフトの早さも音を聞いていてわかるくらいシャープになりました。
エンジン関連は、TD06 25G-10cm トラストインタークーラーキット、16段オイルクーラー、550ccインジェクター、 燃料ポンプ、制御系はトラストe-manageでコントロール。 足回りは、HKSのハイパーMAX パフォーマー、オートリファインスタビライザー、 ブレーキはフロント ENDLESS 6POTブレーキキャリパーキットリヤは4POTキャリパーキットで重量級のソアラをしっかりしたブレーキングで助けます。 内装はプロドライブのシート&3インチハーネス、Defiのリンクメーターでサポート&コンディション確認もぬかりはありません。


と、今年もいろいろなカテゴリーの車両を集めて出展させていただきました。
来年もがんばって出展します。


   
 
コクピット館林グループ各店の紹介
Auto Let タイヤ館館林 タイヤ館蓮田
  Copyright(c)2003 Cockpit Tatebayashi